元彼が好きすぎるけど、彼の気持ちがわからない時の対処法

元彼が好きすぎるけど、彼の気持ちがわからない時の対処法

彼氏と別れたくはないけど、別れることになってしまった。

別れたことには、自分に原因があるんだろうけども、彼がいったい何を考えているのかがわからない。

彼が何を考えているかがわからないから、どう自分でも改善していけばいいかわからないし、たとえ復縁したとしても同じことを繰り返してしまうかもしれないと思って、気分が沈む・・・でも復縁したい・・・でも・・・

といったように、元彼の思考を理解できずに苦しんではいないでしょうか。そんなあなたのために、今回は、男性の思考パターンを理解するための記事を書きました。

 

すべての男性はこの4つのタイプのいずれかに当てはまる

人は大きくわけると4つのタイプに分かれます。

  1. 学者タイプ
  2. 協調タイプ
  3. 欲望タイプ
  4. 感情タイプ

です。

 

学者タイプはロボットみたい・テンションが低い・無表情・冷たい・なにを考えてるのかわからない・一人が好き・頭の回転が早い・細い・サバサバしてる・オタク気質になります。

有名人でいうと野球のイチロー選手がわかりやすいですね。インタビューをみてる無愛想ですが、頭は良くて、一つのことを突き詰める感じです。

 

協調タイプは視野が広い・空気を読む・気配りができる・協調性が高い・自分の意見を言わない・すぐ謝る・優柔不断・リーダーシップがないです。

有名人でいうとロンドンブーツの田村淳、ダウンタウンの浜ちゃんなど。番組内では厳しいことをいうけど、終わったあとは共演者にフォローするそうです。

司会者をやってるお笑い芸人は視野の広さ、全体の空気を読む力が必要なので協調タイプの人が多いですね。

 

欲望タイプは承認欲求が強い・カリスマ性がある・引っぱるタイプ・リーダーシップがある・決断力がある・我が強い・ルールを守らないことがある・ガラが悪いなどヤンキーみたいな感じです。

有名人でいうとボクシングの亀田選手は典型的な欲望タイプって感じです。ヤンキーみたいな感じでガラが悪いですが、カリスマ性があって人気がある。

 

感情タイプはリアクションが大きい・コミュニケーション上手・人気がある・愛されキャラ・ぽっちゃり体型・活気がある・感情の起伏が激しい・愛が重い・寂しがり屋です。

有名人でいうと明石家さんま、ホンジャマカの石塚、ダチョウくらぶの上島竜兵など。トークが上手で、リアクションが大きく、なぜだか憎めないキャラになります。

 

元彼の思考パターンを理解するための方法

元彼の思考パターンを理解するための方法

元彼が学者タイプの女性を例に説明すると、その彼は無表情で冷たく、なにを考えてるのかわからないし、束縛がキライでサバサバしてたそうです。

一方、その女性は感情タイプで束縛が激しく・感情の起伏が大きいので、元彼からすると愛が重かったのでしょう。冷却期間をおいて自分磨きをして、連絡の回数を減らしたことで逆にウケが良くなったそうです。

感情タイプの人は自分とは真逆である理性的な学者タイプにひかれる人が多いんですよね。

 

欲望タイプは「オレについてこい!」って感じでグイグイ引っ張る。調和タイプは優柔不断で自分の意見を言わないので、ココがカップルになることもあります。

中にはヤンキー男子とギャルみたいな感じで、欲望タイプ同士がくっつくこともありますが、別タイプと付き合ってる人も多いですね。

 

自分がどのタイプで、元彼がどのタイプか分かれば、復縁に成功しやすくなります。なぜなら相手の思考パターンがある程度理解できるようになるからです。

タイプの違いを知ってれば、「なんで元カレはこんな感じなの?」と思うことが減り、イライラしなくなるのでストレスも減らせることができます。

「なんとな~くコレかな?アレとアレはないよね」って感じでいいので、ザックリと当てはめていってください。

 

男性独特のサバサバした気持ちを理解する

男性独特のサバサバした気持ちを理解する

愛が重いタイプの女性がふつうに愛を求めると、男性は「愛が重すぎ…」「それはムリっしょ…」となります。

じゃあどうするかと言うと自分が求める愛の量を減らしたり、愛が重い女から、愛がやや重い女になる。

付き合ってない相手に努力をしてもらうのはムリなので、自分が変わるしかありません。彼氏が自分のことを好きなのか不安。もっとわかりやすく愛して欲しいと思うかもしれません。

しかし、人によって愛情表現・リアクションが違うんだな~と言うことが分かれば、相手のことを受け入れやすくなります。

この考え方が出来てたら、愛情が薄いと不安になったり、自分のことが好きなのか試すようなこともしなくなるでしょう。

 

LINEや電話をめんどくさがる男性

LINEや電話をめんどくさがる男性

サバサバしたタイプの男性は、LINEでのやり取りが面倒くさいって人が多いです。

アンケート調査によりますと「LINEは3日に1回くらいで良い」「用事がなければ連絡しなくていい」と思ってる人が多く、付き合ってる時は彼女に合わせてLINEを頑張ってる人は多いです。

中にはLINE、電話による連絡が負担となり、それがイヤで彼女と別れる男性もいるくらいです。

SNS疲れみたいな感じで、常にLINEってのはツライんでしょうね(汗)

女性は彼氏と毎日連絡を取りたい生き物なので、なかなか既読がつかなかったり、既読スルーされるとイライラしたり、不安になったりします。

ここで「なんで返事をくれないの!?」と付き合ってた頃のノリでLINEすると、余計に嫌われるので注意が必要です。

もう恋人同士じゃないってことを肝に銘じてくださいね。

ありがちなのが冷却期間中にもかかわらず、寂しさに耐えきれなくなってLINEをしつこく送り、元彼に嫌がられてブロックされることです。

冷却期間中は辛いと思いますが、グッとこらえてください。

ヒマな時間があると、元カレのことを考えてしまいがちなので、冷却期間中に新しい趣味を作るのがオススメです。興味があることがあったらチャレンジしてみるとか。

部屋でひきこもってると元彼のことばかり考えてしまい、ドンドンと落ち込んでしまうので、恋愛以外に時間を使うことをオススメします。

元彼のことばかり考えたり「あのときこうしてれば…」と後悔してると、ネガティブモードに突入するので、気分転換に新しいことを始めてみてください。


※元彼と復縁したくない人は見ないでください

実際問題、復縁はあなた1人の力ではどうにもならないケースが多いですよね。

自分判断で焦って行動を起こしても、それが彼を遠ざける結果にもなりかねません。

ここは信頼できる鑑定士の力を借りて、彼の本当の気持ちを知り、復縁出来る時期やその具体的な方法をみてもらいましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)