元彼と復縁するのに冷却期間はどのくらい必要なの?

冷却期間

今回の記事では、別れた彼と復縁したいと思った時に必ずもうけるべき「冷却期間」なるものの説明をしたいと思います。

冷却期間とはいったいどういうことを意味するのか、またその期間はどれくらいの時間のことをいうのか、冷却期間をもうけることによる男性への心理的効果を詳しく解説していきます。

 

元彼と別れた!復縁するために必要な冷却期間は?

元彼と別れた!復縁するために必要な冷却期間は?

別れてから復縁するまでの過程で、冷却期間をおいてクールダウンさせるのは基本中の基本。

特に、

  • 束縛
  • 嫉妬
  • 愛が重い
  • LINEや電話を頻繁に要求しており、彼氏が疲れてしまった

これらのケースでは、最低でも1ヶ月以上は冷却期間をおくべきです。できたら3ヶ月以上とりたいのですが、愛が重いタイプの人にとってはキツイと思います。

すぐに連絡を取りたくなる。寂しくなる性格だからこそ、愛が重くなってしまうので。

しかし、別れてから、少なくとも1ヶ月は彼に連絡を取らないようにしなければなりません。一切、彼に接触しないようにするのです。

彼と連絡を取らないということは、会うことも、電話も、もちろん携帯のメッセージもダメ、ということです。

「何もしないまま月日が経ったら、私のことなんて忘れてしまうかもしれないし、他に彼女ができてしまうかもしれない。取り返しのつかないことになってしまうのでは?」と、不安に感じるかもしれません。

こうした不安はもっともです。ですが、この不安を乗り越えた人こそが、復縁に成功しているのです。我慢しただけ、復縁の可能性は高まります。

しかし、そもそもなぜ冷却期間をおかなければならないのでしょうか。

 

元彼と復縁するために冷却期間をもうけなければいけない理由

元彼と復縁するために冷却期間をもうけなければいけない理由

1ヶ月でもそうなのに、ましてや、3ヶ月も彼と連絡を取れないなんて長すぎる!と思うかもしれません。ですが、しっかり冷却期間を置くのには、しっかりとした合理的な理由があります。

別れた直後の彼は、あなたに対して「いい感情」を抱いていません。むしろ「悪い印象」ばかりでしょう。このときの彼は気持ちが冷めた状態です。

そんなときにいくら感情をぶつけても、相手は「重い」としか受け止められません。場合によっては、嫌われてしまうかもしれません。

つまり、今、あなたから彼にアプローチすることは、逆効果にしかならないのです。

 

ところがある程度、期間が経つと、状況が変わっていきます。彼の中のあなたに対する悪い印象が消えてしまうからです。

これが、最低でも1ヶ月間、我慢をしなければならない、いちばん大きな理由です。

たった1ヶ月くらいで悪い印象がなくなるなんてありえない、そう思う人もいるでしょう。でも本当に、かなりの度合いで忘れます。

 

そもそも男性と女性とでは、脳の構造がまったくもって違うため、記憶の取り扱い方が違っているのです。まず、女性から説明すると、女性の場合は「感情」を基礎にして記憶するんですね。

ですから、何かを思い出す時もいつも感情から入ります。

例えば、「あそこに行った時は、楽しかったなぁ。そういえばあの時の楽しかった気持ちを、あの男性とのデートでも感じたっけ」というように、「感情」でいろんな出来事を関連づけていきます。

そんな感じで、うれしかったことを1つ思い出したらそれで終わりというわけではなく、そこからどんどん次々にうれしかったことを思い出していくのです。また逆もしかりで、悲しかったことを1つ思い出すと、他の悲しかったことをどんどん思い出してしまう生き物なのです。

 

一方で、男性の記憶メカニズムは、真逆と言ってもいいくらい違います。女性が「感情」ならば、男性は「物事」。物事を基礎として記憶しているため、何かを思い出す時もいつもいつも物事からスタートさせていきます。

例えば、デートの思い出も、「デートに行った場所」とか「デートに行った場所にあったモノ(京都に行った時は、清水寺があったなぁ。という感じ)」が記憶のもとになっています。

「〇〇にデートに行ったなぁ。そういえば、××にも行ったなぁ。楽しかったなぁ」という順番で思い出すのです。

これは、他者に対する感情も同じです。

別れて間も無い頃、あなたに対して彼が持っている感情の記憶は「会ったらちょっと嫌な気持ちがする女性」なんです。残念ですが、仕方のないことです。

彼の中から、この悪い感情の記憶が無くならないうちは、あなたに会うと嫌な気持ちがするため、あなたに会うことを避け続けます。

ですから、あなたが無理に復縁しようと行動すると、彼からすれば、さらに「逃げなきゃいけない!」と思ってしまうのです。

これでは、どんどん嫌われてしまうばかりで、復縁は遠のいていくばかりなのです。

 

しかし、先ほどお話ししたとおり、時間が経ってしまえば、彼の中で、あなたに対する悪い「感情」の記憶は徐々になくなっていきます。

つまり、これが冷却期間をもうける最大のメリットで、しばらくの間、あなたが彼に会わないことで、彼のあなたに対する避けようとする気持ちや悪い感情はなくなってしまうのです。

しかも、人間という生き物は「自分が忘れたいと思っている記憶を、意図的に思い出さないでいることができる」という特殊能力を持っています(この能力があるからこそ、多くの人は、昔の記憶を美化するのです)。

その結果、あなたとの嫌な記憶(思い出)やあなたに対するマイナス感情も薄れていくのです。

「1ヶ月間」という期間は、彼のあなたに対する嫌な思い出・感情をいっさいがっさい忘れさせるために最低限、必要な時間なのです。

 

冷却期間を置いた後の彼は、実にすばらしい状態になっています。

「ほとんどの男性は、今まで付き合った女性を『イイ女だった』と思っている」といった話を聞いたことはないでしょうか。

これは、男性の特徴をよく表している事例です。

一方、女性の場合は、違いますよね。「あの時、付き合った男性は最悪だった」という記憶は、かなり長い期間、記憶しています。

かなり前のことであっても、ちょっとしたきっかけで、記憶が蘇ってきて、ムカッとしたりすることもあるものです。

しかし、男性はこのようなことは少ないのです。

今は拒絶されていたとしても、彼の脳の中では、あなたとつきあったことはよい思い出になっています。ただでさえ記憶は美化されるものですが、特に男性はその傾向が強いので、女性よりも過去が美化されます。

あなたを避けることもしなくなるでしょう。

だから、だから、連絡するのを我慢しなきゃいけないのです。彼のあなたに関する記憶を美化させて、もう一度、彼に振り向いてもらうために。

 

冷却期間を置かない方がいいパターン

冷却期間を置かない方がいいパターン

逆にケンカ別れをした人は冷却期間を置かない方がいいです。

なぜなら勢いで別れてることが多いため、元彼も後悔してるからです。なのでケンカ別れのときはすぐに謝罪メッセージを送りましょう。

実際、ケンカ別れをして、すぐに謝罪メッセージを送信したケースがあります。

すると、相手も謝罪をしてきて、トントン拍子にデートの約束をして、デート当日、向こうからヨリを戻そうと告白をしてきたこともあります。

ケンカ別れなら、最短1週間で復縁したケースもありますので、冷却期間をおかずに、謝罪メッセージを送ることをオススメします(変な内容を送ってしまうと逆効果なので注意が必要です)。

 

冷却期間については、復縁本によって、2週間・1ヶ月・3ヶ月・半年以上などマチマチです。

基本的には3ヶ月、最低でも1ヶ月以上は冷却期間をおくのが理想ですが、先ほど解説したケンカ別れのようなケースもあるので、だれしもが「●ヶ月とりましょう!」と決めるのは難しいです。

別れ方・元彼の性格によっても変わりますし、別れた後、LINEをしつこく送ってしまった場合、自分が振ってしまった場合などケースバイケースとなりますから(汗)

ですから、マニュアル的に冷却期間3ヶ月というのは間違っています。人によって違いますから、自分にとってベストな期間を選ぶべきですね。

電話占いを利用すれば、これら細かい部分の相談についても、経験豊富な占い師の方々が、個別具体的な事情に合わせて、親身に相談に乗ってもらえるのでオススメです。

 

冷却期間中、気持ちがくじけそうになった時の対処法

冷却期間中、気持ちがくじけそうになった時の対処法

彼への連絡をじっとこらえている間、「やっぱり連絡したい・・」と迷ったり、彼と別れたショックや付き合っている時の記憶なんかがよみがえってきて、つらくなったりすることもあるはずです。

もし、そういう気持ちになった場合は、すぐにこのページを開いてください。

口で、「冷却期間をもうけなさい」と言うのは簡単なのですが、大好きな彼への連絡をいっさいなくすというのはとても心理的な負担が大きい大変なことです。

  • 「彼にもう一度会いたい。少しでもいいから、声が聞きたい」
  • 「せめてLINEの一言、SNSで彼の日常だけでも見ていたい」
  • 「今、彼はどうしているんだろう」

そんなことを考えていると、何度もくじけそうになるし、時には涙も出てくるでしょう。

彼のことが心の底から大好きでたまらなく、どうしても自分の気持ちの高ぶりを抑えられないんですよね。一人になると、急に孤独感に襲われ、寂しさがどうしようもなくこみあげてきて、涙が出てくる・・・

でも、それでも、我慢してください。一時の感情に負けないで。

あなたが本当に希望していることは何ですか?今、この場で、感情に任せて、彼に電話をして、彼の声を聴くことですか?それとも、彼と復縁することですか?

そうですよね。あなたは、彼と再び付き合いたいんでしたよね。それが、あなたにとって一番の願いだったはず。

 

であるならば、やはり、ここは踏ん張ってください。本当に好きな人をまた手に入れるためには、そして、一度壊れた関係を修復するためには、それ相応の対価を支払わねばなりません。

彼を手に入れるための代償、それは何かと言えば、今のあなたのその「連絡したい」と思う気持ちなんです。つい欲望に惑わされて、今一度こらえることができたなら、手に入れられたはずの未来をみすみす捨ててしまってはいけません。

「彼に連絡したい」「彼と会いたい」という思いは、悪魔のささやきです。耳を貸さないでください。悪魔にだまされ、連絡してしまったらどうなるでしょうか。……わかっていますよね。そうです。彼の気持ちはさらに冷めてしまいます。

これは、人の心理なのですが、一度でも誘惑に負けてしまうと、「もう一回だけ、あとちょっとだけ。お願いだから。」と欲が出てきてしまうのです。ですが、その結果は明々白々。もちろん、何度も連絡してしまったら、せっかく復縁できたのに、致命的な結果をまねきます。

最悪の場合、彼から着信拒否をされるかもしれないし、たとえ引っ越しをしても転居先の住所を教えてもらえない、あるいは、転職したとしてもその会社名を教えてもらえず、共通の友達にも「あいつには、俺の現状を言わないでくれ」と念押しされていると言われてしまい、彼にもう二度と会えないようになってしまうことだって十分に考えられます。

「そんな、まさか」と思うかもしれません。ですが、それがありえるのです。多くの復縁失敗パターンが、これなのです。

「彼に振られてしまった。」・・ここで彼のその決断を受け入れて、しっかり我慢をしていれば、その後復縁の可能性は高かったのです。しかし、自分の気持ちを優先して、彼に押しつけてしまったことで、決定的な別れにしてしまった・・・。そういう女性は、決して少なくありません。

 

もしかしたら、彼から「距離を置こう」と、告白されることもあるかもしれません。この時も、考え方はまったく同じです。

実はこの場合、復縁の可能性はかなり高いと言っていいでしょう。「もう二度と会いたくない」という取り返しのつかないところまで、彼の気持ちはまだいってないからです。

ただし、「距離を置こう」と言った彼に、例えばこんなセリフをしつこく何度も言ってしまったら、彼との復縁は難しくなります。

  • 「どうして離れる必要があるの?」
  • 「私と一緒にいるのが嫌なの?」
  • 「もう私のこと、好きじゃないの?」
  • 「別れたいなら、はっきり別れたいって言えばいいでしょ?」
  • 「私のダメなところ言って。直すから。」
  • 「結果、別れるなら、最後に私が納得できるように話をしてほしい」

どうして、こんな風に彼にしつこく当たると、復縁できる可能性が下がるのか、もうわかりますよね?

「彼がまだ思い出を美化できていない状態だから」でしたね。彼の中であなたに対する記憶が、まだマイナスに振れている時は、時間(=冷却期間)が必要なのです。

あなたは距離を置くように言われた原因を分析して、自分磨きをしながら、彼のことを待ってあげましょう。

実はもう1つ理由があります。次の項目では、そのことについてお話ししていきましょう。

 

あなたの気持ちと元彼の気持ちは違う

大好きな彼に「距離を置きたい」とか「別れよう」と言われたら、多くの人がパニックになり、自分のことで頭がいっぱいになってしまうでしょう。

そして、「なんとか元の関係に戻りたい」「悪いところを直せばきっと彼は戻ってきてくれる」「きっと忙しかったからすれ違ってしまっただけで、時間さえできれば元に戻れる」こんな風に思うことでしょう。

でも、それはあくまであなたの考え。あなただけの気持ちです。

 

「元の関係に戻したい」と彼に言ったり感づかれたりしてしまうと、彼はあなたのことを「自分のことで頭がいっぱいで、俺のことなんて考えていないんだな」と思ってしまうのです。

たとえば、次のようにです。

「どうして離れなきゃいけないの?」と言われた彼は「また、おまえの都合だけで考えている」と感じます。

「私と一緒にいるのが苦痛なの?」と聞かれた彼は「そんな質問をされること自体が苦痛なのに、それがわかっていないから、別れたいんだ」と決意します。

「私のこと、好きじゃなくなったの?」と問われた彼は「そうかもしれない」と、自分があなたを好きじゃなくなったのだと考えるようになります。

「別れたいなら、別れたいって言えばいいじゃない」と言われた彼は「時間が解決してくれると思ったけど、ダメそうだ」と思って別れを切り出します。

「ダメだったところを直すから、まずは教えて」と言われた彼は「今のそのその質問がダメなんだってことがわからないんだろうなぁ」とあなたに教えることをあきらめます。

「別れるなら、最後に納得できるよう話をしてほしい」と言われた彼は「最後まで俺に面倒なことをさせるつもりか。そして、俺のことを悪者にしたいのか」とため息をつきます。

 

どうでしょう。驚きましたか?

別れ話の際、よく口にしてしまいがちなこれらのセリフは、二人の関係を崩すだけ。

そして、彼を傷つけ、彼に負担を与えてしまうものなのです。彼の気持ちをきちんと考えられていたら、こんなセリフは言わないですよね。

「どうしよう。取り返しのつかないことをしてしまった」今の話を聞いて慌てている人もいるかもしれませんね。

とはいえ、大好きな彼に別れを切り出されたら、何がなんだかわからなくなってこうした対応をとってしまうのは仕方のないこと。自分でも止められないことだってあるでしょう。

一度や二度は誰でもやってしまいます。

でも、一度や二度の間違いくらいなら、まだまだ取り返せます。何度も何度も繰り返さなければ、まだチャンスはあるのです。

やってしまったことはしっかり反省して、いったん彼を自由にしてあげましょう。つらくても、夜に涙がこぼれてきても、まずは踏ん張りましょう。

3ヶ月の我慢です。たった3ヶ月。

彼に出会うまで、彼を好きになって付き合うまで、生まれてから10年、20年も待った。それにくらべれば3ヶ月なんて短いものです。


※元彼と復縁したくない人は見ないでください

実際問題、復縁はあなた1人の力ではどうにもならないケースが多いですよね。

自分判断で焦って行動を起こしても、それが彼を遠ざける結果にもなりかねません。

ここは信頼できる鑑定士の力を借りて、彼の本当の気持ちを知り、復縁出来る時期やその具体的な方法をみてもらいましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)