元彼と復縁するためのうまいデートの誘い方とデートで気を付けること

元彼と復縁するためのうまいデートの誘い方とデートで気を付けること

この記事では、復縁を目的としたデートの誘い方と事前に準備しておくべき考えておくべきことと、デート当日の注意点について解説します。

LINE・メール・電話でのやり取りをコンスタントにできるようになり、相手からの反応が良いと感じたらデートに誘うようにしましょう。

この時、恋人感覚でデートに誘うのではなくて、なにかしら口実をみつけてデートに誘うようにします。

元彼が好きなアーティストのライブにいく。元彼が好きな趣味に付き合う。話題の映画を見に行くなどなど。なんでも良いので会うための口実を作ってデートに誘ったほうが、OKをもらえる確率が高くなります♪

 

このとき注意したいのが断られた時、単純に予定が合わなかったのか?避けられてるのか見極めることです。

お互い社会人だと休みが合わないことがありますし、元彼の仕事が忙しい時期だと予定をキャンセルされることがあります。

この時、「避けられてるのでしょうか…」とションボリする人が多いのですが、アドバイスしてる私としては何とも言えないというのが本音になります。

避けられてるのか?予定が合わないだけなのか?アレコレと想像することはできますが、ホントのところは元彼さんしか分からないからです。

 

デートの誘い出しに成功した事例で考えると、ピンポイントに「12月1日の土曜日に会えないかな?」と誘うよりは、「今月は休みが1、2、8、9、15、16日なんだけど、どこかで会えないかな?20日以降はシフトが出てないからわからないんだけど」みたいな感じで送った方がいいです。

ピンポイントに日付を指定すると「その日は予定があって…」と言われたとき、ホントに予定があるのか?避けられてるのか?わからないからです。

お互いが土日休みだったとして、その休み全部に予定が入ってるとは考えにくいため、「今月の土日どこかで会えない?」と聞いて断られたら避けられてる可能性が高くなります。

ただ元彼の仕事が忙しい時期もありますので、ココも頭に入れておいた方がいいです。GW・お盆・年末年始の前は長期連休に入る前に、仕事をガーッとするので忙しいことが多いです。

また決算月は自宅に帰れないほど忙しい会社もあります。例えば不動産業だったら引っ越しが多い1~3月は忙しいですし、自動車工場だと2~3月は忙しいです。

金融関係の経理だと月初め・月終わりが忙しいことが多いですね。

あなたが社会人なら、仕事が忙しい時期・ヒマな時期があることは理解できるはずなので、「避けられてるのではなくて、仕事が忙しいだけかも」と思うことも大切です。

なぜなら、アドバイスをしてるとデートの誘いを断られたとき「避けられてる…」とネガティブになってしまったり、復縁目前なのに弱きになってしまう人がいるからです。

アレコレと考えても、答えは元彼しかわかりませんので、ポジティブでいることも大切になります。ネガティブ思考だと、悪いエネルギーを引き寄せるので運が悪くなります。

当然ながら、復縁にもマイナスに働きますし、暗い人は男性からも好かれませんので、改善していきましょう。

 

元彼とのデート前に気を付けるべきこと

元彼とのデート前に気を付けるべきこと

念願の日がもうすぐ目の前ですね。もうすぐで、大好きな彼に会えます。いろいろなことが頭を駆け巡っているかと思います。

彼になにか変わったことはあったのかな。とか、今彼は自分のことをどう思っているのだろうか。とか。まさに不安と希望ですね。

どうせ会うなら、どうせデートするなら、絶対に失敗はできませんよね。そのために、作戦を組み立てましょう。

デート当日に着ていく服装だったり、会話内容を事前に決めておくのです。特にこの2つは、念入りに考えておくべきことです。

 

実際に彼に会うより以前に、やるべきこと考えておくべきことはけっこうあります。大切な彼とのデートで失敗しないように、またデート当日までに用意しておくべきことと、なぜそうした方がいいのかという理由をお伝えします。

いよいよデートですね。ワクワクとドキドキだと思います。これまでLINEメッセージや電話でのやりとりだったところから、実際に会うところまでこぎつけたわけですから、素直にうれしいと思います。

気持ちはわかります。しかし、くれぐれも注意してください。彼と実際会った時に、これまでためてきた気持ちが込みあがってくる恐れがあります。

感情任せにデートをしてしまうと、これまでの努力・忍耐がすべて水の泡です。

最悪の場合、もう復縁はこの先できず、ただのセフレ関係に堕ちてしまうことも。一度でもセフレ関係になってしまったら、そこから本命彼女になる可能性はほぼ無いと考えたほうがよいです。

実際、男性にとって都合のいい女性として扱われるようになったケースも少なくありません。生まれ変わったあなたで彼を魅了しつつも、距離感が大事です。

口で言うのは簡単なのですが、これさえできれば、復縁は成功します。復縁成就のため、デート前にやっておくべきことを以下にまとめましたので、ご覧ください。

 

服装・ファッション面

あなたの普段の服装は、彼と付き合っていた頃とはまるで違っているかと思います。それでよいです。その新しい服に身を包んで、デートに向かいましょう。

また、当日の服装コーディネートやメイクに関しては、可能な限り、デート前日までに決めておいてください。もしデート当日にそのどちらも決めるとなると、思った以上に迷い時間を無駄にし、最悪の場合、遅刻してしまうことにつながりかねません。

すごく初歩的なところで、彼の気持ちを損ねてしまう可能性があります。

それでも、あらかじめ決めておいたメイクを当日してみると、「なんか、今日はノリが悪いな」とか「こういう気分じゃないな」と、もしかしたらなってしまう可能性はありますが、前日までに決めておけば、すでに方向性は決まっているわけなので、時間をかけず早く準備を進めることができるでしょう。

もし、「服装やメイクが決まらなくって遅刻した」となっては、彼は「わがままな女だな」とガッカリさせてしまいます。

あなたに対して、悪いイメージを持たないように、少なくとも、デート当日の服装やメイクに関しては、事前に準備をしっかり行い、デート当日はもちろん彼との待ち合わせ時間を守って、お互い気持ちよくデートを進めてください。

 

会話・コミュニケーション面

デート当日、彼と会った時に話してほしいことがあります。それは、あなたがしている「新しいチャレンジ」についてです。会話の流れはあるとは思いますが、必ず少しは触れるようにしてください。

そのために、どうやって話していくかを事前に考えておきましょう。

そうすれば、彼は付き合っていた頃とは違うあなたに気づくはずです。その新鮮さから、あなたのことに興味を持つようになるでしょう。

過去とはいえ、一度は交際した者同士ですので、やはり、どうしてもマンネリ感は出てきてしまいます。これを払拭してくれるのが、「新鮮さ」の演出なのです。

これが、お互い知らない者同士であれば、普通にしているだけで、新鮮さは演出できるんですが、あなたの場合はそうはいきません。付き合っていた頃と同じでは、まったくもって新鮮さは生まれないということを念頭に入れて考えましょう。

 

また、もう1つ、デート当日に気をつけてほしいことがあります。

それは、彼が思い出したくないと思っていることには、絶対に触れないということです。例えば、あなたと彼が喧嘩した時のことや、その他にも、彼が嫌な思いをしたことなどについては、絶対に触れないようにしてください。

デートの目的は、あなたに対して抱く彼の「懐かしむ」気持ちを、あなたへの「愛情」に変化させることにあるからです。

あまり知られていませんが、実は、「愛情」というものは、「憎しみ」と同じような感情でできているんです。つまり、両方とも「執着」という感情から派生している部分が多いために、結果どうなるかと言えば、少し間違うと愛情が憎しみに簡単に変化してしまうのです。

「あの時ののあなた(彼)のふるまいはやっぱり間違っていた」と指摘してしまうと、せっかく湧きかけていた愛情が憎しみに変化してしまうことになりかねません。「復縁を目的としたデートだったはずなのに、結果的には会わない方がマシだった」ということになってしまっては、本末転倒です。

どうせ、昔の思い出話をお互いにするのであれば、そのような暗い思い出ではなく、楽しかった思い出を話すようにしましょう。

その時に、彼が思い出せない、覚えていない事もあろかと思います。その時でも、怒らずに、笑って許してあげましょう。そもそも、男性と女性とでは記憶のメカニズムが違うのです。

彼は覚えているけれどもあなたは覚えていないこと、あなたは覚えているけれども彼が覚えていないことは必ずと言っていいほどあります。

男性は、すぐ忘れる生き物です。たとえば、あなたと別れた時に抱いたマイナスの感情も時が経てば、キレイサッパリ忘れています。忘れっぽいのは、良くも悪くも、なんですけどね。

でも、だからこそ、冷却期間後は、復縁がしやすくなっている状態なのです。ですから、ちょっとくらい忘れている程度なら、笑って許してあげる余裕を持ってあげてください。

あとは、デートを楽しむことですね。男性は大切に思っている女性を笑顔にできると、それだけでうれしい気持ちになります。

つまり、あなたの笑顔が、彼を惹きつける一番の武器となるのです。ですから、あなた自身もこわ張ることなく、デートを楽しむようにしてください。

 

【注意!】セフレ関係には絶対になってはいけない

復縁を試みる時に、会話やファッション以上に注意しなければならないことが、セフレ関係になることです。

女性が復縁に持ち込もうとしたとき、罪悪感なしに元カノをセフレにすることができてしまう男性がいます。実はほとんどの男性がこういう性質を持っています。

しない男性は、本能ではなく理性で制御しているだけ。

 

しかし、恋愛は本能で行うところが多いもの。ここが問題なのです。本能的な行動をとる男性とは復縁しやすいのですが、一方でセフレ関係にも陥りやすいのです。

男性心理とともに対策についてお話ししましょう。まず、基本的に男性は今まで付き合った女性のことが好きです。

 

たとえば、5人の女性と付き合った男性にとっては、5人とも大切な女性です。別れた恋人を嫌いになることは、女性にくらべれば、かなり少ないでしょう。

これが、復縁によい影響を与えていることは確かです。しかし一方で、この性質があるがために、特に女性が復縁を望んでいる場合、セフレ関係を築きやすいという一面もあります。

復縁のための初めてのデート。久しぶりに会った彼への懐かしさ、そして愛情で胸がいっぱいのあなた。彼も懐かしさから、当時の愛情を思い出す。お互いに気分が高揚し、求め合う。

すでに一度は関係を持ってしまっているのだから、抵抗は少ない。こうして、将来性のない関係ができあがってしまうのです。

「体の関係を持ったからって、すぐにセフレ化するわけじゃないのでは?」という疑問もあるかもしれません。

 

でも、彼があなたと付き合いたいと思っていないなら、それは単に体だけの関係でしかありません。体の関係を持つタイミングは非常に重要です。

男性は女性を手に入れた、と思うと相手に対する興味が急激に下がる生き物です。体を手に入れると、よりその傾向が強く出ます。

ということは、彼があなたを手に入れたと思うまでに、「必ず残る愛情」を蓄積しておく必要があります。

そんな愛情を、1日で蓄積することは可能だと思いますか?ありえないですよね。復縁であっても。では、どうすればいいのか。

 

それは、彼に投資してもらうことです。何度も会って、彼の時間やお金を投資してもらうのです。

投資した分だけ、男性は「この女性には価値がある」と考えます。そうすると、体の関係を持った後でも愛情が残る可能性が高くなります。

 

たとえば、同じ河原の石であっても、「変な形の石を探しに行こう」という目的を持って丸1日かけて探し、見つけた石はとても価値の高いものに感じますが、散歩に行って偶然見つけて拾ってきただけのちょっと変わった形の石の価値はあまり高くないと感じますよね。

このように人間は努力したら、その分だけ価値を感じるようにできています。ですので、再び付き合うまでの間、彼には努力をしてもらったほうがよいのです。

どんな状況であっても、体の関係を持ってしまうと、彼の愛情は落ちてしまいます。一度愛情が落ちてしまってから、「付き合いたい」と彼に言わせるのは至難の業です。

体の関係を持つ前に「もう一度付き合ってください」と彼に言わせることで復縁は叶います。彼自身もそう言うことで決心することができます。「もう一度、彼女を幸せにしたい」と。

この決心をさせる行為なしに体の関係を持ってしまうと、うやむやのまま、彼にとって都合のよい状態ができてしまうのです。

 

また困ったことに、あなた自身がセフレ関係に持ち込もうとしてしまうことも多々あります。

女性の感情、いえ、本能の部分が彼を求めてしまうのです。

元彼と別れてからさんざん我慢して、やっと彼に会ったことで今まで寂しかった気持ちがあふれ、懐かしい彼の魅力にとりつかれ、抱きしめてほしい、と思ってしまう……。抱きしめてもらうと、もっと強く抱きしめてほしい、もっとくっつきたい、と自分で自分が止められなくなって、そして……。

ダメだと理性がわかっていても、理性が薄れてしまって本能の行動をとってしまいます。

こうならないために、デートの前には、「どこまで許すのか」という線引きをしておきましょう。そして、そのラインだけは守るのです。

  • 「キス」「抱きしめられる」「手をつなぐ」については、すべてダメ
  • 手をつなぐのは、3回くらい会ってから

彼にその行動をとられそうになったら「待って。まだダメ」と言えばよいのです。「まだダメ」という言葉なら、彼は避けられたような気にはなりません。

「いつかは可能」と思うことによって、彼の気持ちはさらに燃えることでしょう。線引きができていないとどうなるかを考えると、線引きの重要性が理解できます。

たとえば、頭をなでられる。これくらいは大丈夫でしょう。

 

でも、そのまま肩を抱かれて、そのままキスをされる。さらに抱きしめられたら、抵抗しなければならない理性も消えてしまう。

線引きがないと、自然にどこまでもいってしまうのが人間なのです。

デート前に「理性」をもってどこでやめるかを決めておかなかったがために、取り返しのつかない失敗をしてしまうこともあります。大事な場だからこそ、「理性」をしっかりもって臨みましょう。

 

デートに何度誘っても断られる場合

デートに何度誘っても断られる場合

元カレに振られてすぐ、「今度いっしょにゴハン食べにいかない?」と誘っても「ちょっと予定が合わなくて…」と断られることがあります。

1、2回断られるくらいなら本当に予定が合わなかった可能性がありますが、何度誘ってもNGだった場合、予定が合わないというのはウソで避けられてる可能性があります。

付き合ってた頃と同じような感じでデートに誘いがちなんですが、別れたという事実をちゃんと受け入れる必要があります。

  1. LINEを付き合ってた頃みたいに出来るようにする
  2. 脈ありかチェック
  3. いけそうなら電話
  4. 脈ありかチェック
  5. いけそうならデート

上のような感じで、いきなりデートに誘うのではなく、LINE・電話をして「脈あり」だと感じてからデートに誘うようにしましょう。

振られてすぐの時点では、LINEをしても短文しか返ってこなかったり、既読スルーをされることが多いです。つまり、二人の間にはミゾがあるような感じなんですね。

それにもかかわらず「今度いっしょに遊ばない?」とデートに誘っても「ムリ」と言われるのがオチです。

優しい性格の元彼さんだと、ハッキリと言うと傷つけるので「ごめん。その日は予定があって…」とやんわりと断るわけです。

間違っても「そっか~予定が合わないのか、だったらこの日は?」と聞かないようにしてください。空気が読めないKY女になってしまうので(汗)

LINEが付き合ってた頃と同じような文章量・頻度で返ってくるようになって、脈ありだと感じるまではデートに誘わないようにしてくださいね。

付き合ってた頃から素っ気ないなら、そういうタイプの男性なので問題ありません。

しかし、LINEでやり取りしたとき、付き合ってた頃との差があまりにも大きいなら気持ちが離れてる可能性があります。

 

復縁のためのデート中どんな行動をとればいいの?

復縁のためのデート中どんな行動をとればいいの?

デート当日は、とにかく彼が好む行動をとりましょう。と言っても、難しくはありません。会話で盛り上がった時などにボディタッチをしたり、少し距離を近くとったりするのです。

展開によっては、手をつないでも大丈夫ですよ。(ただし、デートを3回くらいしてからの方がいいです。)

彼の腕にくっついたり、腕を組んだりなんかもいいですね。こうしたひとつひとつのしぐさ・行動に彼はあなたのことを意識するようになります。

そして、その意識が、やがて、あなたと「もう一度付き合いたい」という気持ちをつくり出すのです。復縁目的のデートの良い所は、この「気軽に彼に触ることができる」というところでしょう。

付き合っていた彼とあなたは元はと言えば、触れ合う関係だったのです。ですから、あなたが彼に触れてもたいして抵抗を感じないんですね。

あなたと手をつなぐことも、腕を組んだりすることも、ごくごく自然な行為として受け止めます。

あなたが彼との物理的な距離を縮めることによって、彼との心理的距離もどんどん縮まっていきます。彼の潜在意識・本能にある「もっと彼女に近づきたい」という気持ちを引き出すことができるのです。

この彼の本能に訴えかけることが、復縁に至るまでの1つの武器です。

男性は、本能と理性で恋愛をします。男性の本能を刺激することによって、どんどん彼の気持ちは盛り上がっていきます。デートでは、そういった男性の本能を上手に使うようにしましょう。

物理的に、彼に近づくことで、あなたと彼との間に良いムードが流れます。結果、あなたと彼の心理的な距離もどんどん近づいていくのです。会えば会うほど、二人はお互いをより一層求め合うようになります。

この求め合う、お互いがお互いを必要とする気持ちが復縁への原動力となるのです。


※元彼と復縁したくない人は見ないでください

実際問題、復縁はあなた1人の力ではどうにもならないケースが多いですよね。

自分判断で焦って行動を起こしても、それが彼を遠ざける結果にもなりかねません。

ここは信頼できる鑑定士の力を借りて、彼の本当の気持ちを知り、復縁出来る時期やその具体的な方法をみてもらいましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)